ビジネスと不動産経済を本気で考えるブログ

アパート経営の最大のリスクとは。。。

弊社が土地を仕入れるルールが何点かあります。

まずは、駅距離。

最寄り駅から10分以内としています。

賃貸付けにも影響しますし、一番は将来のリスクヘッジにもなります。

 

将来のリスクヘッジとは・・・?

 

オーナー様にとって、一番のリスクは賃料が年々下がっていくことではありません。

借り手が全くいなくなり、仕方なくその土地自体を売る必要になることです。

 

コンパクトアパートの土地は30坪~35.6坪が大半です。

駅10分以内で30坪程度であれば、売りやすい金額帯で、間取りも4LDKが入り、普通に実需用で転売が可能です。

今までの事例を顧みますと、弊社の収支計算では、購入後約15年~20年で土地売却可能額になります。

これが最大のリスクヘッジ!

【会員登録で今までの事例を開示します】

 

このままずっと変わらず満室経営になると信じてアパート経営をされている方。もしくは考えている方。

非常に危険です。

常に最大リスクを考えてアパート経営をするべきです。

f:id:lidix:20180612161746j:plain

駅10分以内のこういう角地で30坪程度であれば必ず売れます!

これからアパート経営を考える方も是非、最大のリスクを考えて検討することをお勧めします。

著者プロフィール

Lidix

ライディックス株式会社 代表 山上 晶則

東京都で不動産会社を経営しています。
将来的に不動産経済がどうなるかは、あくまでも二次的な要因が大きいため、「国内外の政治経済や金融」、「異業種で成功している事例」などを分析することを得意としています。

このブログでは、現在の経済状況を自分なりに読み解き、時代に合った経営や様々な投資、そして、「何かに依存しない生き方」を求めて日々勉強している内容をアウトプットするために書いています。



SNSで最新情報を配信しています

関連記事

  • コンパクトアパートの会員様300人突破!

    コンパクトアパートの会員様300人突破!
    2017年7月3日

  • 今さら聞けない不動産投資の基本のキホン③~10の質問編~
    2020年11月26日

  • コンパクトアパートの事例①

    コンパクトアパートの事例①
    2018年1月23日

  • 【不動産投資】ローンがリスクになる時、メリットになる時とは – 失敗しないための不動産投資実学

    【不動産投資】ローンがリスクになる時、メリットになる時とは – 失敗しないための不動産投資実学
    2017年7月31日

  • Lidix Online

    ライディックス株式会社のオウンドメディアです。ライディックス株式会社は、東京都練馬区より投資用アパート、戸建住宅を提供している会社です。

    Lidix Onlineは主にライディックス株式会社の代表 山上が考えるビジネス・マーケティングの視点から不動産を取り巻く環境について、情報発信を行っています。

    私達の事業分野である不動産は、あくまで社会経済の一部です。より堅実な投資とは何かを考察するため、日々マクロな視点とミクロな視点で社会情勢を追いかけています。


  • 新着記事

    • 予想通りビットコイン上がっているので簡単に解説します! 2021年2月14日

    • コロナ禍の中、ケンタッキー“カーネル・サンダース”の不屈の闘志から学ぶ 2021年2月3日

    • 今話題のSNS『Clubhouse』(クラブハウス)をやってみた! 2021年2月1日

    • 依存しない生き方「それ、投資じゃなく“投機”だよ」 2021年1月22日

    • 2021年は自分を変える絶好のタイミング! 2021年1月9日

    アクセスランキング

    • 今さら聞けない日本のバブル経済とバブル崩壊 2020年11月12日

    • メールやLINEの「返信」が遅い人は仕事ができない説

      メールやLINEの「返信」が遅い人は仕事ができない説 2020年7月9日

    • なぜ飲食店が休業要請で危険な状況になるかを会計の視点からお答えします。

      なぜ飲食店が休業要請で危険な状況になるかを会計の視点からお答えします。 2020年7月6日

    • やはり、優秀な経営者がいる会社には投資するべきなのでしょう。

      やはり、優秀な経営者がいる会社には投資するべきなのでしょう。 2020年7月20日

    • 住宅ローン減税が『床面積40㎡以上』に緩和でを解説します! 2020年12月4日