ビジネスと不動産経済を本気で考えるブログ

“いきなりステーキ”の動きが怪しい件・・・

このブログでも何度か検証している“いきなりステーキ”ですが、未だに第一四半期の決算発表がないので、再度検証してみることにしました。

 

というブログを書き始めた際、タイムリーに新しいIRが出ました(笑)

内容は・・・

f:id:lidix:20200620110409p:plain

いきなりステーキの件ではなく、『ペッパーランチ』売却の噂。

なぜ、『ペッパーランチ』の売却の話が出たのか・・・。

“火のない所に煙は立たぬ”とは言いますが、順を追ってお答えします。

 

実は、5月にダイヤモンドという雑誌の特集で、貸借対照表(BS)の視点から、『主要外食26社「余命ランキング」』と銘打った特集があったので気にはなっていた会社の1つでした。

そのランキングがこちら

f:id:lidix:20200618134204p:plain

*いきなりステーキは“ペッパーフードランチ”という会社です。

直近のBSでは、現金・預金が25億円しかなく、このまま客足が遠のけば2.2カ月で資金が枯渇する可能性がありました。

 

また、他の店舗閉鎖の報道があった会社は、上の表を見るとやはり手元資金が厳しい状況のところですね。

 

そこで再度IRをチェック!

  • 4月30日 第一四半期決算発表延期に関するお知らせ
  • 4月30日 会社分割(簡易新設分割)による子会社設立に関するお知らせ

 第一四半期決算発表延期に関しては、新型コロナによる自粛などがあり準備ができないとのことですが、確かにそうなんでしょうね。

 

問題は子会社設立のIRです。

6月1日に子会社を設立して、もう一つの主力事業である「ペッパーランチ」を分社化するとの発表です。

f:id:lidix:20200620112559j:plain

何が問題かというと、この「ペッパーランチ」、実は単体で試算すると黒字の事業なのです。

ペッパーランチ・・・約87億円 営業利益 約12億(2019年度)

 

営業利益が12億あり、諸々の経費を差し引くと約6億の純利益がでる計算になります。

 

そこで、最近になり子会社であるJP(ペッパーランチ)を「いよいよもって売却するのでは?」という報道がでました。

 

そこでこのIRが6月1日に出ています。

f:id:lidix:20200620115522p:plain

エスフーズという会社は、いきなりステーキへの肉卸業者です。

今年1月に行った新株予約権の発行で、69億円の資金調達を試みたようですが、6億円~7億円しか調達できなかったようなので、資金を確保するために借入を20億を個人からしたようですが、気になったのは赤枠で囲っている“担保等の有無”です。

 

有担保ということは、何かを担保にしたようですが、詳細は明記されていません。

 

普通に考えると、収益の柱である「ペッパーランチ」を子会社に移してしまった場合、赤字事業のいきなりステーキだけの会社に、資金を貸し出すとは思えません。

 

そこで、想像されるのは、子会社になった黒字会社のJP(ペッパーランチ)です。

20億の借入はこのJP(ペッパーランチ)の会社の株を担保にしたのではないでしょうか。

ちなみに役員人事のIRを見ると、親会社の役員がそのまま子会社JPの役員になっています

 

この内容から考えられるのは、報道にある子会社売却ではなく、いきなりステーキがある親会社の上場廃止からの、子会社であるJPが「ペッパーランチ」をようしての再上場の線もあるかと・・・。

 

確かに現在、親会社はいきなりステーキの店舗をかなりの勢いで閉店させています。

閉店することにより、販管費を抑え、ペッパーランチの売却益で何とか支えようとするのことも分かるので、どうなるかは近日中には報道されるのではないでしょうか。

 

株の投資をしている私としては、いつも各企業のIRをチェックするようにしています。

近いうちに、決算書を俯瞰して見るコツなんかもこのブログで書いていこうと思います。

 

この“いきなりステーキ”に関するブログについては、あくまでも私見です。

ただ、IRの内容で様々なシュミレーションをするのも、投資としては大事かと思います。

是非、今後もチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

著者プロフィール

Lidix

ライディックス株式会社 代表 山上 晶則

東京都で不動産会社を経営しています。
将来的に不動産経済がどうなるかは、あくまでも二次的な要因が大きいため、「国内外の政治経済や金融」、「異業種で成功している事例」などを分析することを得意としています。

このブログでは、現在の経済状況を自分なりに読み解き、時代に合った経営や様々な投資、そして、「何かに依存しない生き方」を求めて日々勉強している内容をアウトプットするために書いています。



SNSで最新情報を配信しています

関連記事

  • ‘’いきなり!ステーキ‘’の広告効果はどちらに傾くのか

    ‘’いきなり!ステーキ‘’の広告効果はどちらに傾くのか
    2019年12月16日

  • “薩摩の教え・男の順序”から学ぶこと

    “薩摩の教え・男の順序”から学ぶこと
    2019年12月5日

  • ボクシング観戦2【小原佳太選手】

    ボクシング観戦2【小原佳太選手】
    2019年11月1日

  • 通常営業

    通常営業
    2019年10月13日

  • Lidix Online

    ライディックス株式会社のオウンドメディアです。ライディックス株式会社は、東京都練馬区より投資用アパート、戸建住宅を提供している会社です。

    Lidix Onlineは主にライディックス株式会社の代表 山上が考えるビジネス・マーケティングの視点から不動産を取り巻く環境について、情報発信を行っています。

    私達の事業分野である不動産は、あくまで社会経済の一部です。より堅実な投資とは何かを考察するため、日々マクロな視点とミクロな視点で社会情勢を追いかけています。


  • 新着記事

    • 予想通りビットコイン上がっているので簡単に解説します! 2021年2月14日

    • コロナ禍の中、ケンタッキー“カーネル・サンダース”の不屈の闘志から学ぶ 2021年2月3日

    • 今話題のSNS『Clubhouse』(クラブハウス)をやってみた! 2021年2月1日

    • 依存しない生き方「それ、投資じゃなく“投機”だよ」 2021年1月22日

    • 2021年は自分を変える絶好のタイミング! 2021年1月9日

    アクセスランキング

    • 今さら聞けない日本のバブル経済とバブル崩壊 2020年11月12日

    • メールやLINEの「返信」が遅い人は仕事ができない説

      メールやLINEの「返信」が遅い人は仕事ができない説 2020年7月9日

    • なぜ飲食店が休業要請で危険な状況になるかを会計の視点からお答えします。

      なぜ飲食店が休業要請で危険な状況になるかを会計の視点からお答えします。 2020年7月6日

    • やはり、優秀な経営者がいる会社には投資するべきなのでしょう。

      やはり、優秀な経営者がいる会社には投資するべきなのでしょう。 2020年7月20日

    • 住宅ローン減税が『床面積40㎡以上』に緩和でを解説します! 2020年12月4日