ビジネスと不動産経済を本気で考えるブログ

住宅ローン減税が『床面積40㎡以上』に緩和でを解説します!

『住宅ローン減税』とは、住宅ローンを借り入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。

簡単なポイントです。

 

住宅ローン減税のポイント

★毎年の住宅ローン残高の1%を10年間所得税から控除

★所得税で控除しきれない場合は住民税からも一部控除

★令和元年10月の消費税引き上げに合わせて控除期間を13年に延長

 

住宅ローン減税の金額

 

住宅ローン減税の最大控除額は400万円(長期優良住宅の場合は500万円)になります。非課税の中古住宅においても最大200万円が控除されます。

 

現行の住宅ローン減税に関する要件

 

新築の場合の主な条件

①床面積の1/2以上が自分の住宅であること

②床面積が50㎡以上240㎡以下であること

③借入人の所得が3000万円以下であること

④ローン返済期間が10年以上であること

⑤建築日または取得した日から6カ月以上に入居

 

中古住宅の場合はさらに以下の条件も満たす必要があります。

 

中古住宅の場合の主な条件

①耐火建築物(マンション、鉄筋コンクリート造など)は、取得の時点で築25年以内であること

②耐火建築物以外(木造建築物など)は取得の時点で築20年以内または、一定の耐震基準であること

③贈与や同一生計の親族からの購入ではないこと

 

現行の床面積が50㎡以上の落とし穴

 

床面積が50㎡以上であることとしていますが、実はこの時点でも注意が必要でした。

★契約書や重要事項説明書に記載されている面積が、登記簿謄本に記載されている面積と違う場合があることです。

床面積の測り方が『壁芯』と『内法』という2種類の測り方があります。

注意:マンションの場合“壁芯”でギリギリ50㎡というときは、登記簿謄本では50㎡を切っている可能性がある。

登記簿謄本で50㎡を切っている場合は、住宅ローン減税は受けれない場合がある。

 

というのが現状の住宅ローン減税です。

 

50㎡以上の規制が40㎡以上に緩和される見通し

 

この50㎡以上の要件が40㎡以上に緩和されます。

この40㎡の小規模住宅の代表は1LDKや2DKになり、結婚前のシングル方やディンクス*の方が購入されるケースが多いですね。

そして、この税制緩和により小規模住宅であっても住宅ローン減税の恩恵が受けられるようになります。

*ディンクス・・・共働きで意識的に子供を作らない、持たない夫婦やその生活観をいいます。

 

緩和されることで予想できること

 

今までの新築マンション販売業者は、住宅ローン減税を使えない50㎡を切る小規模住宅の販売において苦労していました。

しかし、今回の税制改革において40㎡以上が適用になると、俄然販売がしやすくなります。

そうなると、これから企画して来年度以降販売予定の40㎡以上に関しては値段が高くなることが予想されます。

小規模の中古住宅に関しても同様です。

そして、現在すでに着工をしてして、値段も決まっている小規模住宅に関しては割安の可能性すらあります。

今後、買取再販業者に関しても、今まで以上に積極的に“買い”に入ることでしょう。

そうなると、業者間での買取合戦が始まり市場に出てくるときには、高くなっていくといういつもの仕組みになります。

もちろん、弊社も今後積極的に情報を募っていくつもりです。

住宅用だけでなく、投資用物件としても面白くなる可能性がありますね。

コロナ禍により経済が低迷されることが予想される中、住宅業界は反対にさらに過熱していきそうな予感がします。

 

 

 

著者プロフィール

Lidix

ライディックス株式会社 代表 山上 晶則

東京都で不動産会社を経営しています。
将来的に不動産経済がどうなるかは、あくまでも二次的な要因が大きいため、「国内外の政治経済や金融」、「異業種で成功している事例」などを分析することを得意としています。

このブログでは、現在の経済状況を自分なりに読み解き、時代に合った経営や様々な投資、そして、「何かに依存しない生き方」を求めて日々勉強している内容をアウトプットするために書いています。



SNSで最新情報を配信しています

関連記事

  • OYO Lifeはどうなんでしょう?

    OYO Lifeはどうなんでしょう?
    2019年11月22日

  • コロナの影響で、「不動産の『売り時』『買い時』はいつ?」にお答えします!

    コロナの影響で、「不動産の『売り時』『買い時』はいつ?」にお答えします!
    2020年6月5日

  • 大手不動産会社が賃貸仲介手数料訴訟問題で敗訴したことから学ぶこと

    大手不動産会社が賃貸仲介手数料訴訟問題で敗訴したことから学ぶこと
    2020年1月17日

  • やはりOYOは裁判沙汰になっていたことから学ぶこと

    やはりOYOは裁判沙汰になっていたことから学ぶこと
    2019年12月25日

  • Lidix Online

    ライディックス株式会社のオウンドメディアです。ライディックス株式会社は、東京都練馬区より投資用アパート、戸建住宅を提供している会社です。

    Lidix Onlineは主にライディックス株式会社の代表 山上が考えるビジネス・マーケティングの視点から不動産を取り巻く環境について、情報発信を行っています。

    私達の事業分野である不動産は、あくまで社会経済の一部です。より堅実な投資とは何かを考察するため、日々マクロな視点とミクロな視点で社会情勢を追いかけています。


  • 新着記事

    • 2021年は自分を変える絶好のタイミング! 2021年1月9日

    • 新年明けましておめでとうございます。 2021年1月1日

    • 2020年を振り返る 2020年12月30日

    • 本業を決めない企業が生き残る 2020年12月14日

    • 【気をつけろ!】住宅ローンで不動産投資・・・そして自己破産 2020年12月5日

    アクセスランキング

    • 今さら聞けない日本のバブル経済とバブル崩壊 2020年11月12日

    • 恐るべし中国!アントの3兆円上場延期について解説します。 2020年11月16日

    • 住宅ローン減税が『床面積40㎡以上』に緩和でを解説します! 2020年12月4日

    • スターバックスの“SNS戦略”から学ぶこと

      スターバックスの“SNS戦略”から学ぶこと 2020年6月16日

    • 『いきなりステーキ』が本当に危険なことについて経営の視点から解説します。 2020年8月8日